GW旅行 2016


どうする?海外旅行先で子供が病気!

子供を連れた海外旅行で一番気になるのが、子供の健康についてのことだと思います。

 

特に子どもが病気になると、どうしたらよいかと不安に思う事が多い人は多いのでは無いでしょうか。

 

旅行先の言葉がペラペラな人ならまだよいですが、現地の言葉が喋れなかったりしたら、その不安(瞑想する習慣をつけると、いいといわれているようです)はもっと大きなものとなります。

 

ですから、まず、常備薬はぜひ日本のものを持っていきたいものですね。

その場では、出来るだけ小児用を別途持参したいものですよね。

 

虫よけ・虫刺され薬・傷薬・バンドエイド・消毒薬・目薬(世界的には古代エジプト時代から、日本では安土桃山時代にはその原型があったといわれています)・体温(平均体温が1℃上昇すると、免疫力が約60%も活性化するといわれており、風邪などで発熱するのも体の防衛反応の一環だと考えられているのです)計・解熱剤(時には、やみくもに使って熱を下げない方がいいこともあるといわれています)・風邪薬(発熱、鼻水・鼻づまり、喉の痛みなど、症状に合わせて服用することが大切です)・下痢(あまりに激しいと脱水症状から死に至ることもあるそうです)などは、多少荷物になっても持って行きて下さい。


診察が必要な場合は海外旅行傷害保険やカードの保険をチェック!

少し熱が出たくらいなら、風邪薬(総合感冒薬のことです)や解熱剤(アスピリンやフェナセチンなどが代表的な解熱剤です)・熱さまシートっぽいもので対処できるケースもあるみたいです。

 

だが、医者が必要だとおもうような状態になったら、最初の段階のうちは加入されている(最近では、いざという時の避難経路を確認することが推奨されていますね)外旅行傷害保険や保険つきクレジットカード(Visa、MasterCard、American Express、JCB、Diners Club、中国銀聯などがあります)の連絡先に電話をすることで、医者を紹介してもらうと良いでしょうね。

 

それが無理な場合には、ホテルのフロントに相談してみましょう。場合によると、往診に対応されていることもあります。

 

万が一、入院が必要である大怪我や病気をしてしまった際には、日本大使館や領こと館に相談しましょう。

 

医者にかかることになったら、その後は医者の指示に従うだけです。

 

料金の支払いについては、保険会社によっては違いがありますので、保険会社の規定にそって支払いなどを行なって下さい。


九州でベアミネラルの店舗をお探しの方へ。九州には全部で3店舗あります。そのうち、ベアミネラル 店舗 福岡は博多1階の化粧品売り場にあります。


9連休、間違いない海外プランを立てたい方はこちらへ。円高でお得です。


GWを国内旅行で過ごしたい方はこちらへ!